2019 COLNAGO

2019年からCOLNAGOの取り扱いさせていただくことになりました。

ありがとうございます♪

PINARELLOとCOLNAGOだけはロードバイクを始める前から知っていた
ブランドでして(こち亀ねwww)
当時の遠藤少年にとっては憧れと憧憬の2ブランドでアリマス♪

では、どんどん紹介していきましょう。

 

 

C64

18年に電撃デビューした”C64”は変更点は無し。

UAEチームエミレーツカラーが追加です。

¥650.000+TAX

 

 

昨日終わったツールの最終ステージで勝利したアレクサンドル・クリストフ選手

乗っていたのが(たぶん)↑の”CONCEPT”

スプリンター御用達、エアロロード

¥430.000+TAX

 

 

”V2-r”

コルナゴの軽量モデルがコレ。

シンプルなエアロデザインが個人的にかなり好きなフレームですね。

ちとこのDISCモデル乗ってみたい一本です。

¥430.000+TAX

コルナゴはモデルのコンセプトが明確でわかりやすくていい。

 

 

 

V2-Rのディティールをほぼそのまま生かした、

コルナゴのミドルクラスを担う”CLX EVO”

人気のCLXもこれで五代目です!!

アルテグラモデル¥390.000+TAX
フレームセット¥250.000+TAX

 

 

 

CLX EVOをもう少しお求めやすい価格にしたものがコレ

”C-RS”

 

CLXとの見分けは、Fフォークの取り付け部分と名前を観ない限り

わかりずらいw(V2-R.CLX、C-RSは見分けがつきにくい)

アルテグラモデル¥320.000+TAX
フレームセット¥249.000+TAX

 

 

クロスバイクの”EPOCA”

細身のデザインが秀逸。

コルナゴのクロスバイク。人気あり♪

 

¥85.000+TAX

 

 

 

ウチでは買えませんが、(注文がたくさん入れば買えますww)コレが復活

”ARABESQUE”

 

欲しいと言う単語以外出て来ない。

 

¥400.000+TAX

(流石の値段)

 

 

 

コルナゴって言ったら”MASTER”

1983年の登場以来ほとんど変わらない形。

美しいラグ、メッキの美しさ、カラーリングの美しさ。

ロードバイクの見本。

 

(一昔前のマスターは個体によってカラーが足りなかったり、刻印が無かったりw
ホイール、ポストなんか入らない(曲がっちゃう)は当たり前でした。
良くも悪くもそれがイタリアバイクって覚悟があったものですw)

 

コルナゴのクロモリバイクは結構走ります。

試乗会とかやるとあまりにも走りが軽くて、上位モデルのカーボンを

喰うコメントが結構出てくるから不思議。

 

¥330.000+TAX

 

 

 

コルナゴの2019モデル新規受注特別オファー期間は

8/10まで!!

詳しいお値段等は店頭までお越しくださいませ♪

 

宜しくお願いいたします。