“ヤビツ峠、ビアンキビーチハウス、友を訪ねて鎌倉、片瀬江ノ島海水浴”

 

「田村氏の夏休み」

秦野市運動公園に車をデポ。

今日は以前から「かき氷屋に行こう」
今週夏休みの田村氏と約束していたのですが、
埼玉なんて走っていられない!!!ということで
先週に続き、「じゃー湘南に行こう」とお誘いして行ってきました。

 

向う先は

ヤビツ峠

朝ごはん食べていなかったので、
上り直前のコンビニでパンとおにぎりと水分を補給。

いきなり10%を超える上りで、アップも何もしていない身体は悲鳴www

 

辛い、辛すぎる!!

今年に入ってからまともに走っていない身体には
田村氏のメイクするペースがキツい(直前のタンドリーおにぎり出かかったw)
特に山は全く走ってないから、きついきつい。

前半のきついセクション以外は、緩斜面が続くので、
しっかりアップして、食べていけば、多分楽勝だと思う?!

 

 

田村氏のペースがきつかったので、
20mくらい離れてずっとコバンザメ。

山岳は離れちゃうと終わるので、この距離感が大事
(たぶん前走ってる人は嫌な気分だと思うけどww)

発汗が異常で、ちと峠に着いたら気分が悪かったですよ。

ストラバではタイム39分でした(ぎりw)
初めてのヤビツ峠ですので、よくわからん。

 

 

なんだかな〜シナプスdiscに慣れすぎちゃって、
ポジションが全然しっくりこない。

シナプスdisc、F10、FOILとあえてポジション変えて
取っ替え引っ替え載ってるのもよくない原因だなw
(ま、なんでも乗りこなしますが)

 

 

降る

本当は宮ヶ瀬に降って、ゼブラカフェに行く予定だったんですが

ヤビツ峠においてあった看板見ると「通行止め」

くわしくはわからないのですが、行く前にご確認ください。

結局ピストンで秦野市運動公園の車に戻るw

 

 

 

しばしドライブ

HQの片瀬江ノ島に荷物を置き(部屋のエアコンがつけっぱなしだった件)再出発。
最高の天気。(暑い)

 

運転は疲れる。
まして、エアコンガンガンなので、身体が冷える。

(最近方が痛いんです、もしかして四十肩???)

 

一路葉山方面へ。

 

海岸線のローケーションの素晴らしさは
ぜひ実際に行って走ってみてください。気持ちがとてもいいですよ。
(交通量多くてまともに走れませんが)

目的地1 逗子海岸

Bianchi beach house

湘南から30分くらいかな??めっちゃ近い。

 

最高かよ。言葉はなし。

夏季限定です。

ピナレロのF10(ライバル)2台で凸ってさーせんでしたw

 

 

ビーチで中学の時の親友と連絡がつき、会いに行くことに

もうこの辺が最高すぎてたまらない(しつこい?w)

 

 

CW撮り。

 

 

Hostel YUIGAHAMA + SOBA BAR

 

うちと同じく、古い住居をリノベーションした建物だそうです。
鎌倉もそうゆう物件多いみたいです。

 

 

肉そば [日本蕎麦]

鶏とかつおの合わせ出汁に、太い田舎そば。
親鶏で作ったチャーシュウはクセになる歯ごたえで、
山形では冬でも「つったい肉そば」を食べる人が多いほどの名物だそうです。
(つったい=つめたいの意)

 

三人で仲良くご飯食べました(一人はそこの人だけどねw)

 


そんな彼が渡部くん。彼がご案内してくれますよ♩
いずれ彼と何かコラボできないか?
その時のために頑張ろうと思う。

ここは二階が泊まれるようになっていて
3500円くらいから宿泊できるそうです。

 

鎌倉きたらぜひ!お蕎麦めっちゃうまいです。

(食にうるさい田村氏が気に入っていましたw)

 

 

 

 

長谷寺〜極楽寺を抜けて、稲村ガ崎に出る道教えてもらって

江ノ電にテンション上がってる田村氏

 

 

 

もう、見るのは飽きた

 

HQに急いで戻る

 

水着に着替えてザブンw

 

30も半ばのおっさん二人で、海ではしゃぐ姿を
ご想像ください。

ぞっとしますねw

シャワー浴びて、所々渋滞につかまりながら
帰還

 


平成最期の夏を満喫しました。

遊びは最後の片付け、道具の整備までやってこそ遊びだろ。
と思うんだ。

寝る。