ZIPP 「303 S Tubeless Disc-Brake」流行を盛り込んだZIPPのセカンドグレードホイール登場


ZIPPホイールの注目のセカンドグレードモデルがこちらの

「303 S Tubeless Disc-Brake」

¥141,800(税込)

次回入荷分購入可能品が12月に入ってきます。
欲しい方は早めのご予約お願いします。

 

 

 


<流行を盛り込んだ詳細スペック>

リムハイト:45mm

リム外外:27mm

重量: 1530g

リム形状:フックレス

 

 

フックレスとは

そもそもフックレスとは、現在のリムの形状であるビードフックが無いリムのことです。
上記の図はENVEによるフックレスの模式図ですが、左からクリンチャータイヤ、フック付きリムで使用するチューブレス、フックレスリムで使用するチューブレスです。

 

フックレスリム最大のメリットは、タイヤビード保持用のフックをなくすことでリム内幅を広く取り、タイヤのサイドウォール変形量を抑えることにある。つまり荷重をかけても潰れにくい状態を作ることで、タイヤ変形による転がり抵抗を抑える効果があるのだ。

主なメリットは以下

・リム内幅が広がることで、同じタイヤでもエアボリュームが増える、(乗り心地の向上)
・リムウォール先端の構造がシンプルになり、頑丈になる
・タイヤのビードとリムウォールの接触する面積が増えるため、タイヤの変形が抑えられる(グリップとハンドリングの向上)
・リムとタイヤがツライチになるため、空力が向上する

等々だと思う。

 

デメリット

・使用可能なタイヤが限られる
・チューブレス以外で使用出来ない
・パンクした際にチューブを入れる事が困難
・ビードが上がりづらい

 

 

つまり私のようにチューブレスが嫌いな人は止めた方がいい(笑)
既存のチューブレスユーザーならなんの問題もないと思います。

年末にはコンチネンタルのフックレス対応が出るので今後主流になると思う。

 

わが社のデメリットとしてはいよいよコンプレッサーが必要か!!!!と言う事ですw

 

ZIPP 「353 NSW DISC-BRAKE」ノコギリ形状リムの最高峰ホイール

コチラも今後入荷予定有ります。

プレミアムな商品が欲しい方はおススメですよ♪

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でʙɪᴄʏᴄʟᴇ sᴛᴜᴅɪᴏ ʀ-ғᴀᴄᴛᴏʀʏをフォローしよう!